text.skipToContent text.skipToNavigation
специализированные регуляторы

Swagelok®特殊用途レギュレーター

特殊用途レギュレーターは、ガス・ボンベの切り替え、蒸気加熱、タンク・ブランケティングといった固有の用途のニーズを満たします。

資料を請求する

特殊用途レギュレーターのラインアップ:

  • 蒸気加熱式レギュレーター(KSVシリーズ)は相転移に対応します。
  • ガス・ボンベ切り替え用レギュレーター(KCMシリーズ)は、2つのガス供給源の切り替えを自動的に行うことで、手動切り替えによるダウンタイムを軽減します。
  • タンク・ブランケティング・レギュレーターは、タンク内のベーパー・スペース(気化スペース)に低圧で大流量の不活性ガスを注入します。

KCMシリーズ・ガス・ボンベ切り替え用レギュレーター

仕様

一次側の最高使用圧力 30.0 MPa (PEEK 製シートの場合)
24.8 Mpa
ボンベの接続やホース・アクセサリーによって、一次側圧力の最高使用圧力が下がる場合があります。詳細につきましては、スウェージロック指定販売会社までお問い合わせください。
二次側の圧力調整範囲 0~0.068 MPaから0~3.44 MPa
公称切り替え圧力 0.68 MPa、1.72 MPa、3.44 MPa
流量係数(Cv値) 0.06
最高使用温度 80°C (PCTFE 製シートの場合)
200°C (PEEK 製シートの場合)
100°C (PEEK 製シートで、一次側の最高使用圧力が 24.8 MPa を超える場合)

KSVシリーズ蒸気加熱式減圧レギュレーター

仕様

一次側の最高使用圧力 24.8 MPa
二次側の圧力調整範囲 0~0.068 MPaから0~3.44 MPa
流量係数(Cv値) 0.06または0.20
最高蒸気圧力、最高蒸気温度 4.47 MPa、260°C
最高使用温度 200°C

タンク・ブランケティング用圧力レギュレーター

仕様

材質 316Lステンレス鋼
エンド・コネクション・サイズ 1/2 インチ、1 インチ、2 インチ
最高使用圧力 1.60 MPa
圧力調整範囲 2.0~4.0 in. H2O, 5~10 mbarから20~231 in. H2O, 50~800 mbar
流量係数(Cv値) 0.20, 0.30, 1.00
使用温度範囲 –20~100°C

特殊用途レギュレーターのカタログ

構成部品とその材質、使用圧力、使用温度、オプション、アクセサリーなど、製品に関する詳細情報を確認することができます。

Калькулятор Swagelok для расчета параметров расхода регулятора

適切なレギュレーターを選定するのにサポートが必要ですか?

レギュレーター流量曲線作成ツールを使用すると、さまざまなアプリケーション条件におけるレギュレーターのパフォーマンスを比較することができます。

適切なレギュレーターを探す

スウェージロックのリソース

Эффект нагнетаемого давления в регуляторах
レギュレーターの供給圧力影響(SPE)に対処する

レギュレーター内部における一次側圧力の変化と二次側圧力の変化は、供給圧力影響(SPE)または依存性による反比例の関係にあります。今回は、圧力レギュレーターで発生する供給圧力影響(SPE)による現象への対処方法を紹介します。

Регуляторы Swagelok серии RHPS
レギュレーターの信頼性を確保するために

過酷な条件下での運用を前提とした製品には、どのような試験を行うべきでしょうか。今回は、スウェージロックの実験室における取り組みと共に、氷点下を大幅に下回る温度でも正常に機能する一般産業用RHPSシリーズ・レギュレーターの開発事例を紹介します。

График с кривыми расхода, демонстрирующий падение давления
レギュレーターの流量曲線を平坦にしてドループを抑える方法

ドループ(流量増加に伴う二次側圧力の降下)は、あらゆるレギュレーターに共通する問題です。今回は、ドループを最小限に抑えてレギュレーターの流量曲線を平坦にする方法を、さまざまなドーム・ロード式レギュレーターの構成と併せて紹介します。

Использование регуляторов для уменьшения временной задержки
レギュレーターを使用して分析計装システムにおける時間遅れを短縮する方法

分析システムでは、時間遅れが軽視されていたり、誤解されていたりするケースは少なくありません。この時間遅れは、レギュレーターでコントロールすることができます。今回は、分析計装システムにおける時間遅れを小さくする方法を紹介します。