text.skipToContent text.skipToNavigation
減圧レギュレーター、ヒーター付き

Swagelok®減圧レギュレーター、ヒーター付き

ヒーター付き減圧レギュレーター KEVシリーズは、防爆認証を取得しています。液体試料の気化やガス試料の予熱に使用し、凝縮を防止することができます。

資料を請求する

KEVシリーズ・レギュレーターは、ヒーターがプロセス流体に直接接触しているため、熱効率に優れています。また、ヒーターは取り外すことができるため、簡単に洗浄することができます。水平または垂直に取り付けることができ、一体型のボディなので漏れの経路を排除します。

KEVシリーズ・レギュレーターは、ATEX、IECEx、CSA の防爆認証を取得済みで過酷かつ危険な条件下の使用が可能です(詳細はカタログ参照)。温度等級はT3です( 全ヒーター共通)。

仕様

一次側の最高使用圧力 24.8 MPa
二次側の圧力調整範囲0~0.068 MPaから0~24.8 MPa
流量係数(Cv値)0.02または0.06
電気仕様
電源:120/240 V(AC)(± 10%)、50/60 Hz
ヒーターの仕様50 W、100 W、150 W、200 W
温度制御範囲23~193°C
防爆/危険エリアに関する認証
  • ATEX (ヨーロッパ基準)および IECEx(国際基準):Group II, Category 2G, Ex db IIB+H2 T3 Gb
    周囲温度範囲:220 ~ 60°C
  • CSA (カナダおよびアメリカ):Class I, Div 1, Groups B, C, and D; T3; CSA Encl Type 4
    周囲温度範囲:250 ~ 50°C

Swagelok KEV Series Regulators

Swagelok KEVシリーズ・ヒーター付きレギュレーターで、稼働時間を最大限に伸ばし、不具合を最小限に抑える

Swagelok KEVシリーズ・レギュレーターは、オペレーターの操作、周囲温度、その他の使用条件における変化に反応し、高い信頼性と一貫した性能を実現します。

記事を読む


システム効率を最大限に高めると同時に、コストのかかるダウンタイム(停止時間)を最小限に抑える


オペレーターの操作における変化に反応

内蔵温度センサーで、変動するオペレーターの操作による過熱が引き起こすシステム停止を防止します。


周囲温度の変化に反応

周囲温度が変化すると自動的にリセットする内蔵熱スイッチで、ヒューズの溶断や過熱を防止します。


熱負荷における変化に反応

システム条件の偏差に素早く反応可能な一体型コントロールで、連続したオペレーションを実現します。

ヒーター付き減圧レギュレーターのカタログ

構成部品とその材質、使用圧力、使用温度、オプション、アクセサリーなど、製品に関する詳細情報を確認することができます。

スウェージロックのレギュレーター流量曲線作成ツール

適切なレギュレーターを選定するのにサポートが必要ですか?

レギュレーター流量曲線作成ツールを使用すると、さまざまなアプリケーション条件におけるレギュレーターのパフォーマンスを比較することができます。

適切なレギュレーターを探す

スウェージロックのリソース

レギュレーターの供給圧力影響(SPE)
レギュレーターの供給圧力影響(SPE)に対処する

レギュレーター内部における一次側圧力の変化と二次側圧力の変化は、供給圧力影響(SPE)または依存性による反比例の関係にあります。今回は、圧力レギュレーターで発生する供給圧力影響(SPE)による現象への対処方法を紹介します。

Swagelokレギュレーター、RHPSシリーズ
レギュレーターの信頼性を確保するために

過酷な条件下での運用を前提とした製品には、どのような試験を行うべきでしょうか。今回は、スウェージロックの実験室における取り組みと共に、氷点下を大幅に下回る温度でも正常に機能する一般産業用RHPSシリーズ・レギュレーターの開発事例を紹介します。

ドループを示す流量曲線グラフ
レギュレーターの流量曲線を平坦にしてドループを抑える方法

ドループ(流量増加に伴う二次側圧力の降下)は、あらゆるレギュレーターに共通する問題です。今回は、ドループを最小限に抑えてレギュレーターの流量曲線を平坦にする方法を、さまざまなドーム・ロード式レギュレーターの構成と併せて紹介します。

レギュレーターを使用して時間遅れを短縮する
レギュレーターを使用して分析計装システムにおける時間遅れを短縮する方法

分析システムでは、時間遅れが軽視されていたり、誤解されていたりするケースは少なくありません。この時間遅れは、レギュレーターでコントロールすることができます。今回は、分析計装システムにおける時間遅れを小さくする方法を紹介します。

このプロセスには数分間かかる場合があります。このままお待ちください。